はじめ研究所が開発したコックピット内蔵型2足歩行ロボット

2016年8月に世界最大コックピット内蔵型2足歩行ロボットが完成した

 

町工場の集合体である西淀川経営改善研究会の

ロボットプロジェクトメンバーが定例会議を10年以上続けている

 

最大の特徴は、小型軽量かつ高出力の最適なサーボモータを独自に開発する技術

市販のサーボモータでは、乗り越えられない壁を超えた

 

2002年、2足歩行ロボット開発を開始

2007年、身長1メートルのヒューマノイドを開発

2009年、当時 世界最大級の身長2m10cmのヒューマノイドを開発

2016年8月、世界最大コックピット内蔵型2足歩行ロボットが完成した (0)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク