肘がない伸縮自在のハイテクアーム

夢の扉+で紹介

人の何気なく行う腕の動きは複雑

それを機械で再現するのは至難の業

コップを持ち上げる動作を見ても、肩、肘、手首と3つの関節を使う

中でも手首は持ち上げながら角度を調整しコップを水平に保つ

・産業技術総合研究所 主任研究員:尹祐根(ユンウグン・ライフロボティクス)

 

 

人の腕の動きを再現しようと、

腕の不自由な人たちが手元でリモコンを操作してハイテクアームを開発している

目指しているのは車いすをはじめ、色んな場所に取り付けができるコンパクトな腕

●邪魔になる肘がない伸縮自在のアーム

アームが伸びるに従い、コの字型のブロックと蓋が噛み合う事で一本の硬い棒になる

逆に縮むときにはそれが2つに分かれながら本体に収まる

オリエンタルモーターの協力でコンパクトで力強いモーターを手に入れ、

2013年4月、試作機が完成したが、頑丈にした分、重さが15㎏に

さらに重さとコンパクトを目的に改良を重ね、重さ8㎏を実現

(2102)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク