円盤型ロボット「夢輪(ムーワ)」

ワールドビジネスサテライトで紹介

 

●円盤型ロボット「夢輪(ムーワ)」

 

開発したのはデンソー

円盤型ロボットの重さは2キロほど

 

陸上ではタイヤのように転がって移動

空中ではUFOのように飛行

水上では立ったまま移動する

 

4つのプロペラが動力になっている

自動車に使われているセンサーで動きを測定する

その情報を元にプロペラの羽根が自動で角度を調整する

 

2キロ程度の物を運べ、災害救助などで使う事を想定している

(1956)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク