2本の腕を持った実験用モートマン BMDA3バイオメディカル

安川電機が開発した産業用ロボット:モートマン

人間の細かい動きを再現するアームロボット

オプションパーツを選ぶ事で色んな作業を何でもこなす

モートマンの累積出荷台数は30万台以上と世界一

 

・部品を運ぶ

バラバラに置かれた部品を3Dセンサーで認識

どこを掴めば固定できるかを瞬時に判断

 

・部品を掴んではめ込む

円周の差が0.01mmのパーツをはめる作業も難なくこなす

はめ込む瞬間にユラユラ位置を測る

実際の職人の動きを研究し、力の抜き加減をロボットに応用

 

・職人技を超える溶接

鉄板と溶接棒との距離を一定に保つことが職人技

職人技を完全再現

しかし職人技をもってしても火花が飛び散ってしまう

鉄板と溶接棒との距離を一定にすると電気膜が発生

それが火花の原因になっていた

そこで一定のリズムで溶接棒を上下させる独自の動作を導入

それにより火花が飛び散るのをなくした

積水ハウスでは建材づくり工程の96%がロボットにとって代わった

 

●2本の腕を持った実験用モートマン BMDA3バイオメディカル

 

人の代わりに試験管やスポイトを操り、

医療での実験現場での活躍が期待されている

1つの腕に関節が7個ついている

モノを持った位置を変えずに肘の姿勢を変える事が出来る

狭い場所でも自由に腕が動かせるように

それにより実験特有の繊細な動きも再現できた

(440)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク